医療法人名南会

病院のご紹介

院長あいさつ

名南病院 院長 小南重人

名南病院は、60年前の伊勢湾台風での支援を機に生まれました。このときの全日本民医連の医師や看護師の救援活動が、「だれもが、いつでもどこでも安心してかかれる病院を、自らの手でつくろう」という運動を地域に根付かせたのです。それ以降、名南外科診療所開設から今日の名南病院に至るまで、地域の方々や「名南健康友の会」とともに歩んできました。

急速な高齢化と経済的な困難が進行する名古屋市南部にあって、他の医療・介護施設や行政、住民組織と連携を取り合って、切れ目なく患者さんの療養を支えることが名南病院の使命です。当院の「地域包括ケア病床(58床)」は在宅での療養生活を支える役割を持っています。ここでは、在宅や施設で急変した患者さん、急性期の治療を終えた患者さんが安心して退院できるように支援します。また、お金のあるなしでいのちの平等が損なわれないために「差額ベッド代」は徴収せず、支払いの困難な方に「無料低額診療制度」を実施しています。そして、これまで蓄積してきた糖尿病や外科の力量を生かし、気軽にかかれて診立てのよい外来と、乳がん・大腸がん検診や企業健診など各種健診をすすめ、地域の健康増進のため日本HPHネットワークに参加しています。

医療の後継者育成にも力を入れ、臨床研修指定病院(協力型)として地域の第一線で活躍する医師研修はじめ、看護師、セラピストの学生実習を引き受けています。多職種協働のチームでの取り組みを重視し、糖尿病、乳がん、呼吸器、肝の疾患別チーム、NST(栄養)、DST(認知症)、褥瘡、の支援チームが活動し、いまはPCT(緩和ケア)の準備をしています。

今後とも、地域に欠かせない医療機関として、地域の方々とともに連携のとれた良質な医療を提供し、健康づくり、安心して住み続けられるまちづくりをすすめていきたいと思います。

▲ このページの先頭にもどる

ご案内

  • 外来のご案内
  • 診療体制表
  • 入院のご案内
  • 面会のご案内

当院は差額ベッド料をいただいておりません

医師採用のご案内

名南会関連サイト

  • 医師をめざす方へ
  • 看護師採用案内
  • 名南診療所
  • 中川診療所
  • 名南ふれあい病院
  • 老人保健施設かたらいの里
  • 名南訪問看護ステーションきずな
  • 名南ヘルパーステーションきずな
  • 医療法人名南会
  • そらっこ病児保育室

名南病院のフェイスブックページへ

人間ドック・健診空き状況確認

人間ドック・健診空き状況確認

名古屋市検診・特定健診空き状況確認

愛知県ファミリー・フレンドリー企業のサイトへ

愛知民医連のサイトへ

全日本民医連のサイトへ

名大ネットワークのサイトへ

研修医・医学生のための全日本民医連医師臨床研修センター

お見舞いメール